レックスボコは、メルボルンを拠点にオーストラリアとニュージーランド全土に オフィスを構える法律事務所です。オーストラリア、ニュージーランドを中心に、世界中の顧客に質の高いリーガルサービスを提供しております。
 
社名の「レックスボコ」は、ラテン語の”法律”=”レックス”と、“いつでも”=”ボコ”を組み合わせたものです。すなわち、いつでもどこへでも弁護士を提供できる会社なのです。
 
レックスボコは、従来の法律事務所とは仕組みが異なります。
従来の法律事務所では、事務所内または社内の法務部にて担当弁護士がリーガル業務を遂行しますが、レックスボコでは必要な時に必要な期間、必要な人数の各分野に精通した弁護士を派遣いたします。例えば繁忙期の短期的な戦力アップ、社内弁護士の長期休暇中の補填などあらゆるニーズに対応できます。
レックスボコは、長期フルタイム以外でも単発、週3日などのイレギュラー等、様々な業務形態に対応いたします。
 
派遣弁護士のメリット
①採用コストの削減 — 求人広告費や、教育、研修等の採用に関する手間が必要ありません。
②労務管理不要 — 従業員の勤怠管理、税金の納付、労務管理の煩雑な手間がかかりません。
③人件費の削減 — 社会保険料、退職金、賞与、教育費等の固定費を大幅に削減できます。
④即戦力の人材を確保 — 仕事内容に応じた即戦力を確保できます。
⑤人手不足や過剰雇用の回避 — 契約期間を柔軟に設定出来るので、必要な時期に必要な期間だけ利用する事が可能です。
 
更に派遣弁護士を雇う事で、法務部における戦略提案または継続的な業務改善、あるいは社内法務部におけるマネージメントソフトの構築・運用、プロセスやシステムの最適化等ができます。

Image result for toyota logo      Image result for oji logo       Image result for air bnb logo

連絡先:グラハム・アンダーソン
    メールアドレス : graham@lexvoco.com
 
グラハム・アンダーソンは、メルボルン大学で法律学科を卒業し、オーストラリアと米国・ニューヨーク州の弁護士資格を取得しています。20年以上、日本・オーストラリア・米国およびアジア諸国で国際弁護士として、国際法務、企業法務、企業金融、税務、企業体制の構築、M&Aや金融証券関連業務などに携わってきました。中でも日本では、国内最大級の法律事務所の西村あさひ法律事務所において外国人顧客の国際取引の支援、またリーマンブラザーズの法務部、PwCの税務部などで、国際弁護士として14年間の経験を積んでおります。
 

2016年、BPの派遣弁護士からレックスボコに移り、企業の顧問弁護士として、また派遣弁護士としてのバックグランドを最大限に活用し、多岐にわたるリーガルサービスを提供しています。
現在メルボルンで、日本人の妻と日本生まれの3人の子供と一緒に、日本人コミュニティーに参加しながら日々邁進しております。